ニュース

『知的財産推進計画2022』の策定に向けた意見書を提出

CPRA

2022年4月04日

『知的財産推進計画2022』の策定に向けたパブリックコメントが実施され(2022年4月4日締切)、芸団協CPRAから、2022年4月1日付で意見を提出しました。
『知的財産推進計画』は、政府が実施すべき知的財産関連施策について、知的財産戦略本部が定めるものです。


意見書では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大により制限された環境の中で活動しなければならない実演家等にとって著作隣接権による実演の保護と公正な利用を実現する仕組みは重要であり、「公衆への伝達に係る権利の見直し(特にレコード演奏・伝達に係る権利の導入)」、「私的録音録画におけるクリエーターへの適切な対価還元」、「視聴覚的実演に係る経済的権利の見直し」及び「バリューギャップ問題の解消に向けた検討」に取り組むべきであるとしています。


意見書の全文(PDF)は、下記よりご覧いただけます。