TOP ニュース コロナ禍にある文化芸術への支援の輪の広がりを願って「稲盛財団文化芸術支援プログラム」の始動に協力

ニュース

2020年4月28日(火) ニュース一覧へ戻る

コロナ禍にある文化芸術への支援の輪の広がりを願って「稲盛財団文化芸術支援プログラム」の始動に協力

このたび、公益財団法人稲盛財団からのご依頼を受け、芸団協は、新型コロナウィルスで 打撃を受けている芸術団体への支援プログラムの始動に協力することになりました。


実演芸術団体やその活動に携わる実演家やスタッフは、新型コロナウィルス感染拡大防止のため イベントの自粛要請に従い、公演等の中止・延期を余儀なくされ、非常に困難な状況に置かれております。
このままの状況が続けば、実演芸術活動の存続の危機であり、文化芸術の創造と享受の基盤が損なわれる という懸念から、芸団協では、文化芸術振興議員連盟が緊急決議した文化芸術復興基金(仮称)の早急な 設置など、国を始め幅広い主体への文化芸術支援を訴えかけております。


このほど稲盛財団から、一刻も早く緊急支援を行いたいとの協力要請を受け、 芸団協は芸術団体への周知や審査体制構築に協力することにしました。
本プログラムは、芸術団体の活動継続に資することを目的とした支援です。
このような支援プログラムを立ち上げることで、実演芸術全般に対する支援がより広く、厚くなっていくと願ってのことです。
稲盛財団・金澤しのぶ理事長を始め、支援プログラムの始動をご英断くださった関係者の方々に 感謝申し上げるとともに、このような支援の動きが、より力強いものとして広がることを願ってやみません。

なお、支援にかかる募集要項などは、公益財団法人稲盛財団 のウェブサイトで公開されています。


「稲盛財団文化芸術支援プログラム」


【支援額】総額3憶円(支援金 1千万円を10件、500万円を40件を想定)

【対 象】演劇、音楽、舞踊、演芸、伝統芸能、スタッフなどの実演芸術団体等で、 2020年3月~4月の2ヶ月間に500万円以上の機会損失があった団体


【募集期間】2020年4月28日(火)~2020年5月17日(日)


【応募先、詳細】公益財団法人稲盛財団 URL https://www.inamori-f.or.jp/2020/04/28_forarts


※緊急事態宣言下での迅速な審査および支援実施のため、応募資格や審査基準などの個別のお問い合わせには対応いたしかねます。


◆芸団協(オペラシティ事務所、芸能花伝舎2F事務所)の職員の在宅勤務について
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、芸団協では、当面の間、職員の在宅勤務を実施しております。
つきましては、事務所へのお電話には対応できかねます
ご連絡の際は、Eメールをご利用くださいますようお願いいたします。
なお、各担当者のメールアドレスがご不明な場合は、 本サイト内の問合せフォームより、 ご用件を明記の上、ご連絡ください。


このページのトップに戻る