TOP ニュース 日比谷・銀座・築地でタッグを組む「東京アート&ライブシティ」構想が発表されました

ニュース

2018年2月22日(木) ニュース一覧へ戻る

日比谷・銀座・築地でタッグを組む「東京アート&ライブシティ」構想が発表されました

2月21日、観世能楽堂(GINZA SIX)で「東京アート&ライブシティ」構想が発表されました。
多様な芸術が集積している日比谷・銀座・築地をグルメ&ショッピングとともに世界に発信するプロジェクトの始動です。
能楽、歌舞伎、宝塚からミュージカル、演劇、オペラ、そしてクラシック音楽まで、多様な劇場・ホールが集積し、ライブ
ハウスや映画館、ギャラリーがひしめき合う地域、関係者が連携していくことで新たなシーンの創出が期待されます。

エリア情報が集約されたウェブサイトが、4月20日にオープン。
訪日前、訪日中の観光客に向けた芸術情報の発信強化を目指し、近くオンラインでのチケット購入への導線も整備、2ヵ国語
対応からゆくゆくは6ヵ国語対応にまで広がる予定です。

記者発表では、実行委員会代表幹事の大谷信義氏(公益社団法人日本演劇興行協会会長)より「東京アート&ライブシティ」構想
の新たな協力体制が紹介され、二十六世観世宗家 観世清和氏からは、能楽の敷居を低くして多くの人に楽しんでいただく試みを
やっていきたい、銀座ギャラリーズ理事長 山田聖子氏からは、銀座に多数あるギャラリー同士で連携したイベントをここ10年
行ってきたが、さらに他ジャンルとともに企画・発信していきたい、と今後に向けての意気込みが述べられました。
公益社団法人日本芸能実演家団体協議会理事 尾上墨雪氏(日本舞踊家)からは、個々で活動していたものがアート&ライブ
シティで新しい創造的な舞台が生まれることへの期待に加え、訪れる多くの人たちが迷わない手引書をつくることは、
世界にとって大事なことだと語られました。
左から山田聖子(銀座ギャラリーズ理事長)、大谷信義(実行委員会代表幹事/公益社団法人日本演劇興行協会会長)、
観世清和(二十六世観世宗家/一般社団法人観世会代表理事)、尾上墨雪(日本舞踊家/公益社団法人日本芸能実演家
団体協議会理事・実演芸術振興委員長)

記者発表資料(PDF)
プレゼンテーション資料(PDF)