TOP ニュース 「実演芸術団体の就労環境改善に関する調査」報告書を発刊しました

ニュース

2018年4月12日(木) ニュース一覧へ戻る

「実演芸術団体の就労環境改善に関する調査」報告書を発刊しました

2017年度文化庁「戦略的芸術文化創造推進事業」の取組として実施した「芸術団体の就労環境
改善に関する調査」の報告書を発刊しました。2016年度に実施した、公共劇場スタッフを対象と
した就労環境調査をふまえて、劇団、バレエ団、制作会社等に従事する制作者の働き方に焦点を
当てた調査です。

制作者の仕事とは何か。育児や介護等の私生活の変化があっても、舞台制作者として働き続ける
ことは可能か。団体、個人にアンケートやヒアリングを通じて意識調査を行い、報告書にまとめ
ました。本調査にご協力いただいた皆様には、改めて深く感謝申し上げます。

本調査が、実演芸術に携わる専門人材の確保・育成の観点においても、実演芸術分野全体で、
働き方を考えるきっかけになることを期待しています。

実演芸術団体の就労環境改善に関する調査(全体)(2.8M)

1章~4章(p1-p31)(686K)
資料編:団体アンケート集計、個人アンケート集計(p34-p100)(930K)
資料編:調査票、奥付(p102-p131)(1.7M)


【調査研究に関する問合せ】
芸団協・実演芸術政策推進室 TEL:03-5909-3060(平日10:00-18:00)