TOP ニュース 文化芸術推進フォーラムの文化省創設に向けた提言活動について

ニュース

2017年12月1日(金) ニュース一覧へ戻る

文化芸術推進フォーラムの文化省創設に向けた提言活動について

芸団協はじめ17団体で構成される文化芸術推進フォーラムでは、文化省創設に向けて提言活動を行っています。
本年6月には、「文化芸術基本法」が制定され、文化芸術立国に向けての大きな一歩が踏み出されました。

 現在、文化庁に設置された文化審議会にて「文化芸術推進基本計画」の審議が進められており、10月25日には、
「文化芸術推進基本計画(第1期)に係る文化庁と文化芸術団体との懇談会」が開催されました。野村萬文化芸術
推進フォーラム議長はじめ、構成団体からオブザーバーを含む24名、文化庁からは宮田長官を含む8名が出席し、
現場からの具体的な政策提言ののち、活発な意見交換がなされました。

 11月14日には、文化芸術振興議員連盟(以下、文化芸術議連とする)に「新たな文化芸術基本法により文化行政
の機能強化を、そして『五輪の年には文化省』へ」を提出し、これを受けて、文化芸術議連からは「文化行政の
機能強化のための組織体制と文化予算の拡充に関する提言」が発表されました。
 同日、菅義偉内閣官房長官、麻生太郎財務大臣、林芳正文部科学大臣に2018年度文化関連予算の大幅な拡充、
文化庁の機能強化と関係省庁連携による文化政策の協力な牽引、「五輪の年には文化省」を見据えた文化庁の効果的
な体制整備の要請を行いました。

※一連の提言活動の資料は、文化芸術推進フォーラムウェブサイトの各記事および『文化芸術vol.09』より
ご覧いただけます。


関連セミナー「文化芸術推進基本計画策定の動き~文化行政の機能強化から文化省へ」

 12月6日~8日に東京ビッグサイトで実施される国際劇場産業展にて、セミナー「文化芸術推進基本計画策定の
動き~文化行政の機能強化から文化省へ」を開催します。
 国の文化芸術推進基本計画の策定に向けて、舞台芸術の分野でどういった議論がなされているのか、最新の状況
を報告。また、基本法では舞台を支える制作者・技術者についても明記されており、関連して『劇場等演出空間の
運用および安全に関するガイドライン』についても紹介します。

【日時】12月8日(金)11:00-12:00
【会場】東京ビッグサイト 西展示棟 西4ホール C-9
【講師】高萩 宏(東京芸術劇場 副館長)
    大和 滋(文化芸術推進フォーラム 事務局長)
【受講料】事前登録または招待券にて無料
【申込み】下記サイト「セミナー/イベント」よりフリーワードを「文化省」で検索の上、お申し込みください。
※セミナーのウェブ予約は12月3日まで。以降は、当日受付。
 http://themeparx.jp/seminar/