TOP ニュース 【お知らせ】会長の活動(2~3月)

ニュース

2014年3月31日(月) ニュース一覧へ戻る

【お知らせ】会長の活動(2~3月)

・2月22日、琉球舞踊保存会主催の「琉球舞踊保存会の組織基盤の整備及び普及発展事業」 勉強会で「伝統の継承と芸能の未来」について講演しました。

・3月18日、衆議院第二議員会館で行われた文化芸術振興議員連盟 役員会に出席。 冒頭、河村議員(議連会長)の挨拶の後、野村会長(文化芸術推進フォーラム議長)が議連への要望を述べました。 文化芸術推進フォーラムからは、私的録音録画補償金に関する議員向けフォーラムの開催、著作権課題を取り扱う シンポジウムの開催、2015年度の予算・税制の要望が出されました。

・3月24日、九州大学大学院 芸術工学研究院「ホールマネジメントエンジニア養成講座」特別講義の講師として招かれ、 ホールマネジメントに携わっている人や学生あわせて約60人を対象に、日本の文化政策と能の大成者である世阿弥の 言葉をひいて実演家の心構えについて説きました。
当日の様子は九州大学ホームページでも紹介されています。

・3月末に宝生能楽堂、浅草公会堂で開催されたキッズ伝統芸能体験の発表会を見学しました。 芸団協は、東京発・伝統WA感動実行委員会(実行委員長:野村萬)の構成団体として東京都とともに本事業を実施しています。 能楽協会、日本舞踊協会、日本三曲協会、長唄協会の協力を得て開催しており、8月の開講式以来の子どもたちの成長に目を細めつつ、 関係者の方々と交流を深めました。