TOP 芸団協とは 事業紹介
実演家著作隣接権センター事業 CPRA

1993年、関係権利者団体との協力により発足し、実演家から著作隣接権の委任を受け、権利処理業務を専門的に行っています。
歌手、演奏家のCD等、商業用レコードを放送で流す、レンタル事業を行う、テレビ番組をDVD化する等の権利処理を実演家、権利者に代わって行い、使用料等を徴収し、分配しています。また、権利処理だけでなく、広く実演家の権利保護と拡大のための活動を行っています。実演家の権利を適切に保護することで、新たな実演を生み出す創作意欲を高めるとともに、実演の利用の円滑化を図っています。

実演芸術振興事業

創設以来の調査研究実績に基づき、公的機関や実演芸術団体等との連携のもと、実演芸術の価値を社会に広げる活動を展開しています。
2005年には、法人創立40周年事業として、廃校となった小学校を新宿区から借り受け、実演芸術振興事業発信の拠点として「芸能花伝舎」を設立しました。舞台芸術創造のための稽古場として、実演家やスタッフの研鑽、交流・会議の場、芸能の鑑賞、体験の機会を提供する場として、年間で約15万人の方に利用されています。また、地域における文化拠点として、協働して取り組む事業のための場としても幅広く活用されています。

調査研究・政策提言事業

実演家の権利を拡充し、実演家をとりまく環境を改善していくために、実演芸術の振興にかかる調査研究から、政府や東京都、新宿区その他の公的機関への政策提言や実演芸術団体への啓蒙活動、広く一般に対する広報活動を行っています。